キャッシングの流れとチェックポイント

キャッシングにおける審査の流れは、大体クレジットカードなどと同じです。
ただ、お金の融資は貸金業法のもとで行われることに加え、個人の信用が最も重要視されるため、チェック基準はより明確で厳しくなっているのが普通です。
また、クレジットカード以上に人間の判断による融資決定が行われることが多いという特徴があります。
業者に申し込みをした後は審査が行われることになりますが、主な手順は次のようになるので参考にしてみてください。
まず、申込書内容のデータを取り込んだ後、年収や勤め先の内容などの項目に従ってスコアリングをしていきます。
点数を付け終わったら、電話にて本人確認を行い、スコアリングに従った利用枠を決定します。
その後、利用者と契約を行い、カードを発行するのです。
スコアリングの内容は業者によって様々ですが、普通は安定した収入があるか、過去の利用歴や他社での借入状況などが調べられ、基準に従って点数化されていきます。
このような基本的な流れは証書貸付とほとんど同じです。
証書貸付との違いはキャッシングでは利用枠を設定した上で発行するので、カード発行後は再契約をする必要がなく、限度額の範囲内であれば何度でも借入を繰り返し行える点です。
利便性が増している分、若干審査でチェックされる条件は厳しくなります。
また、貸金業法のもとで営業している業者の場合、50万円を超える借入を希望する場合は所得証明書が必要となるのもキャッシング特有の規制です