2014年ブラジルワールドカップ、日本対コートジボアール

2014年ブラジルワールドカップも開催し、日本対コートジボアールも行われました。
日本になんとか勝利してほしかったのですが、残念ながら勝利出来ませんでしたね。

まだ負けた喪失感から復帰できていないのですが、もう前を見るしかありませんよね。
次のギリシア戦とコロンビア戦を勝利することだけ考えるしかありません。

でも追い込まれた時の方が今の日本代表って力を発揮するような気がするんですよね。
はっきりいって今の日本代表は歴代最強の強さです。

それはコートジボアール戦の本田のゴールを見れば分かるでしょう。
ワンチャンスをしっかりとものにする本田のレベルはやはり世界トップクラスです。

そして香川も遠藤も長谷部も長友も内田もその他の選手も非常に高い技術を持っています。
なので可能性はまだ十分にあると思いますね。

コートジボアール戦に関しては相手のスピードが速くて、全く日本の戦術が機能していなかったのが大きな敗因ですね。あと長谷部を交代させたのも仕方がないのかもしれませんが裏目に出たのかもしれません。

あとはドログバの存在感にやられた感じですね。いつも通りのサッカーをすれば世界の強豪と十分に競り勝つことが出来るのが今の日本代表の強さです。

なのでコートジボアールに負けたからと言って意気消沈しないで、日本代表を信じたいと思います。
まだまだワールドカップは始まったばかりですからね。あと本田も開催前はあれだけ不調だったのに本番でしっかりとパフォーマンスを出せているのであとは香川がしっかりとパフォーマンスを出せればまだまだ十分に可能性はあると思います。

日本代表はブラジルにいて私たちの声は届かないでしょうが、気持ちは伝わるはずなので今まで以上に全力で応援したいと思います。