浮気調査=離婚ではない!?

探偵事務所による浮気調査を離婚のためにすると思っている人は、多いようです。浮気調査で確実な証拠を収集し、慰謝料のため?離婚調停のため?と考えている人は多いようですがこれは間違いですよ。浮気調査を依頼される方の79%がやりなおしているからです。離婚とゆう道を選ぶのは、20%くらいなんです。ほとんどが夫婦関係を修復されているのです。

夫婦関係の修復においても浮気の証拠は、もちろんあった方がいいからです。パートナーに浮気を認めてもらわなければ夫婦の修復もうまくいきません。浮気を認めることが、夫婦関係の修復第一歩です。パートナーの愛情を再度確かめることができ、浮気相手ときっぱり関係を断ち切ることに繋がります。他にも両親に心配かけたくないからや親権問題などで離婚を選ばず、夫婦関係を修復される方はたくさんいるのです。

その一方で、浮気したパートナーを受け入れることができない場合や修復するのは不可能と感じた夫婦は離婚を選ぶようです。この場合も浮気の証拠があれば、とても有利になります。浮気調査後の夫婦の選ぶ道はさまざまですが、どの道を選ぶにせよ浮気の証拠はあった方がいいのです。そのために探偵事務所による浮気調査があるのです。浮気に悩んでいるのであれば、相談してみてください。